豚の貯金箱が多いのは何故?

@豚は昔から福を招く・お金が貯まる・・・といった、幸運の象徴とされていました。それで、貯金箱の代表的なデザインになったそうです。


A韓国でも縁起の良い動物として知られています。韓国語で「お金」を意味する語と同じつづりだからだそうです。
韓国では、「夢に豚が出てくるとお金が貯まる」 といわれていて、みなさん宝くじをよく買うそうです笑。日本では十二支のひとつに「亥年」(いどし)がありますが、韓国では「豚年」なんだそうです。


Bヨーロッパでは豚の形の貯金箱をよく見かけます。
ヨーロッパでは昔、ピッグ(Pygg)と呼ばれるオレンジ色の粘土で食器を作っていました。で、主婦の人たちは、このオレンジ色の粘土でできた壺を貯金箱として使い始めました。これが「ピッグの貯金箱」として広まっていきました。


これは1800年代のイギリスでの話なんだけど、ある陶芸職人が「ピッグの貯金箱」を知ったときに、「へぇ〜、ピッグか〜!」と言いました。が、実はこの時、 Pygg と pig(豚) を勘違いしていたのです。  ある日「ピッグの貯金箱を作ってください」と言われたときに、豚の形をした貯金箱を作っちゃったのです。。。 ところが、この豚さんの貯金箱はすごく評判が良くて、あっという間に大人気になりました!

それから、貯金箱といえば豚の形 というのが一般的になったそうです。



引用:『雑学ポータルサイトもしもぽけっと


タグ:貯金箱

貯金箱の用法

硬貨は貨幣として身近で、小額の決済に利用しやすいため、意識して貯めるためには、貯金箱のような容器が必要となる。また、商品購入の際に発生する釣り銭も、適切に管理されないと、乱雑になり収拾がつかなくなる。その解決方法として、硬貨用の収納容器として貯金箱が使われる場合がある。


引用:ウィキペディア
タグ:貯金箱 用法

概要

貯金箱とは、現行の通貨のうち、小額の硬貨を貯めることを主目的とする。

古銭収集では、古銭自体に歴史的、美術的に価値を見いだす、もしくは、コレクション対象と見る事から、収納場所として貯金箱は適当でない。多くの貯金箱は構造上、コレクションの閲覧や整理、分類が困難であり、また、硬貨自体に傷をつける可能性もある。同様に記念硬貨やその他のコイン収集をする場合にも適当な保管場所ではない。

現行の貨幣制度で流通している硬貨や紙幣などの貨幣は、流通してこそ効果を発揮する性質の物である為、流通を妨げるような貨幣の貯蓄は、たいていの社会で歓迎されない。貯金箱とは、貨幣自体に充分に貨幣の流通量があり、それに影響を与えない範囲の、小額、もしくは、個人的な利用を前提とされている。

貯金箱は紙幣を貯めるには向かない。現行に充分な流通量のある硬貨に特化した構造を持ち、紙幣にあった投入口がないことや、硬貨ではあまり重用視されない耐火性が必要な点、高額な紙幣に適当な防犯性能を期待できないなど、紙幣の投入にはいくつかの問題がある。紙幣の保管には、金庫や銀行など他の手段を考慮すべきである。

また紙幣同様に貝や刀銭など、現行通貨と異なる形状を持つ貨幣は投入口があわないことが多い。


引用:ウィキペディア
タグ:貯金箱 概要

貯金箱の構造

○投入口
多くの貯金箱は、厚みの薄い円形硬貨を入るのにちょうど良い大きさの投入口がついている。投入口は、硬貨の直径よりやや大きめの横幅と、硬貨の厚みよりやや大きめの高さ(縦幅)になっているため、一度いれた硬貨を投入口から出しにくい構造になっている。


○取出口
多くの貯金箱に見られる特徴として、投入した硬貨を出す事が困難であることが挙げられる。投入口自体は前述したように取り出しにくい構造を持つ。また投入口以外の開口部が全くないものや、硬貨の取出口を底面の目立たない場所に配置している場合が多い。これによって、貯金している硬貨を利用するには、貯金箱がいっぱいになるか、貯金箱の破壊とつり合う程度の目的を必要とし、安易に硬貨を使用することを阻止する意味がある。


○強度
貯金箱自体は、基本的に、硬貨が貯まった場合の重量に耐えられる程度に丈夫である。但し、金庫と異なり、外からの意図的な破壊に対してどれくらい頑丈であるかは、それぞれにおいてことなる。開封の手段として貯金箱自体の破壊を想定された貯金箱もある。多くの場合、小額の硬貨のみを収納するため、金庫に比べると防犯機能は低い。


○大きさ
多くの場合、貯金箱自体の大きさはそれほどおおきくない。内容物を含んで人間が一人で移動できる程度の大きさである。ただし、貯金箱自体に様々な意匠が施されている場合や特定の目的をもつ場合はその限りではない。


○その他
特別な意匠が無い場合、木製や金属製、プラスチック製の貯金箱は内部が見通しにくい。 ガラスや透明なプラスチックを用いるか、容器の一部に硬貨がこぼれない程度の空洞を開けることで、貯金量を把握しやすく改良された物がある。



引用:ウィキペディア
タグ:貯金箱 構造

貯金箱の代用品

空き瓶や、空き缶を利用した手作りの貯金箱を作成したり、丈夫な箱や瓶に収納することで代用する場合がある。多くの場合、強度や構造に、貯金箱としての機能性に欠ける部分があるが、利用者の運営方法によってカバーされることで貯金箱の代用として機能する。

例えば、内容物の取り出しが自由な器を、貯金箱として代用した場合、運用方針として、器にはいった硬貨は取り出せない、というルールを作成し、それに忠実に実行することで、機能上貯金箱と同等の効果を上げる事ができる。

歴史的には、穴あき銭が一般に流通していた時代には、丈夫な縄を通すことで、まとまった量の銭を持ち運びやすくする方法があった。ただし、これは、貯金に限って用いられる訳ではない。


引用:ウィキペディア

貯金箱の破壊

陶器製で、投入口以外の取出口のない貯金箱は、それを割ることで貯めた硬貨を取り出す。また、缶製の貯金箱は、缶切りで開ける。これらの破壊を伴う方法は、一度開けてしまうと貯金箱としての機能を失うことを意味する。

破壊する前に、本当に内容物が必要か、目立たない場所に取出口がついていないかを確認すべきだろう。

投入口程度の幅で短冊状に切った厚紙を投入口から挿入し、中の硬貨をこの厚紙に乗せて取り出す事により、貯金箱を破壊せずに中の硬貨を取り出す方法もある。ただし、透明な材質の貯金箱でなければ中の硬貨を確認できず取り出しが難しく、また中の硬貨が多量の場合は現実的な方法とはいえない。(投入口の大きさや硬貨の厚さにもよるが、一度に1枚ないし2枚程度しか取り出すことができない)


引用:ウィキペディア
タグ:貯金箱 破壊

金庫との違い

金庫は、高価なものを保管するために、様々な性能が要求されるが、貯金箱はそれを必ずしも満たさない。

金庫には、持ち去りを防ぐ機能として、それ自体が重量物であったり、床に厳重に固定できるが、貯金箱の場合、意匠の結果として重量が増すことはあるが、それは貯金箱にとって必要の条件ではない。手金庫のように持ち出して中身を確認する機能も、貯金箱には必須ではない。


引用:ウィキペディア
タグ:金庫 貯金箱

貯金箱の分類

○一定の量を貯金することを目的とする場合
貯金箱の大きさに従って、一定の量の硬貨を貯金することができる。 多くの場合、硬貨の種類がことなることで、貯金できる金額が異なる。


○一定の金額を貯金することを目的とする場合
硬貨の種類を限定した投入口を持つか、運用方法で一定の種類の硬貨のみを投入することで、内容量いっぱいに貯金すると、一定の金額になるような貯金箱。目的の金額を貯めるための貯金をする場合に有効である。ただし、硬貨自体の大きさの差や、詰め込み程度などが異なるため、金額は目安としてとらえたほうがよい。

硬貨の種類を限定することの利点として、重量のある硬貨の場合、貯金箱ごと重量を量ることで、ある程度の貯金金額を知る事ができる。また、透明な瓶製であったり、積み重なった硬貨の高さが分かりやすいように目盛がついているものなど、貯金箱の意匠や素材によっては、外部から硬貨の量が分かりやすくなっているものがある。


○販売促進用の貯金箱
銀行などの企業が、販売促進グッズとして、貯金箱を用いる場合がある。貯金をする習慣を身に付ける効果を期待したり、貯金箱自体に企業名やマスコットを用いる事で、身近な広告媒体として用いられる。かつては銀行の販売促進グッズには厳しい価格制限があったため、数万円程度の預金を行った顧客に対しては、プラスチックの貯金箱が粗品として多く提供された。これは高さ10cm程度のものであった。

また、郵便局の粗品の貯金箱は筒型の郵便ポストを模したものが用いられる。


○コレクション対象の貯金箱
貯金箱は部屋の中などの身近な場所に置くことが多いため、さまざまな意匠をこらした貯金箱がある。それらの中には、広く一般に知られる企業の物や、キャラクターを模したもの、収納できる貯金の金額より高価なものなどがあり、本来の用途とは離れて、コレクション対象となる場合がある。



引用:ウィキペディア
タグ:貯金箱 分類

備考

○最古の貯金箱
中国・雲南省の石寨山古墓(せきさいさんこぼ)からは、青銅製で円筒形をした「八牛貯貝器」が出土している。約2,100年前のものであり、当時通貨として流通していた子安貝を入れておくものであったと考えられている。これは現存する最古の貯金箱であろう。


○貯金箱が展示されている博物館
世界の貯金箱博物館
三菱東京UFJ銀行貨幣資料館


引用:ウィキペディア
タグ:貯金箱

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。